ミネラルウォーターサーバーで人気なのはパナジウム天然水

ミネラルウォーターといえば健康の源で様々な種類の商品が販売されています。某比較サイトなどを覗くとトップ10には日本国内で採水された天然水が上位にランクインしていますが、いくつか異彩を放つ海外の天然水も人気ランキング上に入っています。

実は目的によって天然水って飲み分けすると良いのですがこのあたりあまり考えず人気だから購入するという方も多いのでは。できるならその水を飲むならどういった効果が期待できるのかを理解していたほうが有意義になりますし知りたいですよね。

わかりやすいのが、日常用の飲み水なのか、ダイエット方向の飲み水なのか。これは知っておいたほうが良いです。例えばランキングにINしているコントレックスですがダイエット用のヨーロッパの天然水としてはかなり有名なミネラルウォーターです。

コントレックスは日本での製造方法と違うため殺菌処理はされていません。日本の法律では殺菌処理をすることが正義という定義づけですが、海外では殺菌処理は悪ととらえられている場合があります。そのほうが、採水された水のミネラル成分を失わないから本物のミネラルウォーターといえる。これは説得力があります。

実際、安全な水であることは間違いないですしね。

ダイエットにむいているのは硬度が高くミネラルが豊富な水が良いとされていますがコントレックスの硬度は1468と日本ではまず飲むことのできない硬度です。平均の日本の天然水の硬度は約30~70くらいですからね。

ダイエットとして飲む水としては正直日本の水がかなう相手ではありません。腎臓などに疾患がある方は医師との相談をされてください。これからダイエットをしたい方はこういった海外の硬度の高い水を探してみてはいかがかと思います。

日本の人気ミネラルウォーターバナジウム天然水とは

さて、普段の飲料水として人気のミネラルウォーターはどんなでしょうか。私的な主観では、実力がある天然水でいえばパナジウム天然水が人気だと思っています。

パナジウムは富士山でよくとれるミネラルで、そのもっとも注目される効果がインスリンと似た効果があり、デトックス、脂肪燃焼、美容、の効果があると噂されています。

先ほどの海外の硬水はおもいっきりダイエットをする方向けですが、普段の水でこういった効果が期待できるという事で女性に人気の水といえます。

パナジウム天然水に毒性がある?

専門家の中には意見が分かれることがよくありますが、パナジウム天然水に毒性があると非難する人もいるようです。ただこれをよく探ってみると、ミネラルは人間とって必要な必須ミネラル16種類という定義があります。厚生労働省がだしている定義ですけども、パナジウムはこの必須ミネラルには入っていません。

だから優先順位としては別に低いからとらなくていいともいえるかもしれません。

毒性があるという話は、とある実験で微生物に対して致死毒性をもったことが確認できたという話からきている様です。人間に対しては致死毒性はまずありえないでしょう。しかし、発癌性やなんらかな毒性がないということはまだ証明されていないようです。

んー曖昧ですよね。ごめんなさい。でもこれが今のところわかる話なので。

こういった毒性があるかないかを証明できていないものって意外と多いのですよ。効果の反作用という言葉をご存知でしょうか。例えばなしですが、とある、物体Aを投与すると、風邪に対する症状が良くなる。風邪をひいていない人に物体Aを投与すると貧血になる可能性がある。

架空の例えですが、作用が反転するようなことですね。まだ明らかにされていないことですから、こういった可能性が少なからずあることは事実ともいえます。

ただ私的には問題はないと思ってますけどね・・・。

また、こういった危険性だとか毒性だとかは、とりすぎてしまった時に起こる話だと思います。人気の実狙えうウォーターサーバーに含まれている含有量レベルではなにかおこるのは考えずらいですよね。実際に今パナジウム天然水は大手メーカーからかなりの数が家庭に届けられ消費されていますから。ちなみに人気のパナジウム天然水の硬度はだいたい50度くらいです。他のミネラルも含まれていますので、100ml中7ugくらい取れればよい意味で濃度が濃いパナジウム天然水とい言える水になるかと。

ミネラルウォーターの硬度は高いだけでは意味が無い?

さて、ミネラルウォーターですが、ウォーターサーバーで販売している水は基本的に軟水が主流です。天然水でも60度以下の軟水がほとんどですが、硬度が高いとミネラルが豊富でそっちのほうが良い気がしてしまいます。

しかし、一概に硬度が高ければよいという事はありません。硬度とは水に含まれているミネラル全てを含めた数値なので、余計なミネラルもとってしまう可能性がる為です。厚生労働省が定めたミネラルの摂取量では100mg以上と100mg未満しかとってはいけないという指標があります。

あまりにも高い硬度だと水を飲みすぎて過剰摂取になってしまう可能性もあり得ますからね。但し、日本の軟水を飲む限りでは過剰にミネラルをとってしまうという危険性はまずありえません。ちなみにですがパナジウムの話をしてきましたがアクアクララには含まれていない成分です。アクアクララはミネラルのバランスという意味ではちょっと他とは異彩を放つウォーターサーバーです。デザインウォーターと呼ばれていますので、安全でバランスの良いまろやかな水。パナジウムとはまた別の魅力がある水といえます。